【15emit】伊勢を発信するWEBマガジン(イチゴエミット)|三重県

山形男子が教える!夏の定番、山形の【だし】の作り方

山形男子が教える!夏の定番、山形の【だし】の作り方
calendar

おはようさまでございます。暑い日が続きますが、食欲が落ち夏バテしていないでしょうか?こんな時期にオススメの食べ物があります。その名もだし。今回はそんな山形の郷土料理「だし」を紹介します。

【山形のだし】とは?

僕の地元山形県では、毎年夏になるとだしという料理が食卓に並びます。ここで言う山形のだしとはみそ汁などで使われるカツオだしや昆布だしなどとは全く違い、夏野菜を使ったとてもシンプルなご飯のお供を指します。炊きたてのご飯にかけて食べると、食欲がない夏の朝でもご飯が進んで進んで止まらなくなるのです。

山形だしの作り方

作り方も簡単で材料も家にあるものばかりだと思うので是非挑戦してみてください。

材料

野菜・・・ナス、キュウリ、大葉、ミョウガなど夏野菜
調味料・・・・めんつゆ、納豆昆布(粘りのでる昆布)

だしの材料がこちら!

THE夏野菜!あまりもので大丈夫です。全部ないとダメとかじゃないです。

夏野菜を消費するために作ることが多いので、どの野菜をどれくらい入れるかは特に決まっていません。

ナス:キュウリ:大葉:ミョウガ=4:4:1:1くらいの割合だと思ってください。
家庭によっては、茹でて刻んだオクラ、とうもろこし(蒸)、ネギ、生姜などを入れたりします。家庭によって違います!

つくり方

  1. ナスとキュウリは5mm角ぐらいのさいの目状に細かく切り、大葉とミョウガはみじん切りにして、ボールなどにまとめて入れる。
  2. ボールに入れた野菜に調味料を適量入れる
  3. 納豆昆布があれば適量入れて粘りがでるまでかき混ぜる
  4. タッパーにうつし、味が馴染むまで冷蔵庫で冷やす。

納豆昆布は少量でもかき混ぜている間に粘り気がでるので最初は少量からはじめましょう。味付けは少しずつして下さい。お好みですが、僕は作るとき少し薄めに味付けて、いざご飯と一緒に食べるときに、その場でめんつゆをかけて調整しています。作ってすぐにでも食べられますが、僕は冷蔵庫で少し冷やしてから食べる事をオススメします。

納豆昆布を混ぜるとこんなにネバネバに!

納豆昆布を混ぜるとこんなにネバネバに!

注意点

Q.野菜を細かくするならフードプロセッサーを使ってもいい?
答えはノー!です。キュウリやナスを細かく切るのが面倒だと思う人もいるでしょうし、フードプロセッサーを使えば早く出来そうですが、野菜の水分が出てしまい、おいしく出来上がりません。

違う料理になってしまうので、必ず包丁で細かくして下さい!!

Q.野菜がたくさんあるからたくさん作って置いておいていい?!
これも基本的にはオススメできません!材料はすべて生野菜ですのでそんなに日持ちしません。冷蔵庫でせいぜい2~3日ぐらいかと思います。作ったら早めに食べてください。

あくまでも生野菜!食べきれる分だけ作ろう!

アレンジ色々

  • 炊きたてのご飯と一緒に!←オススメ
  • 冷奴の薬味として!
  • そうめんの薬味として!

あまり上手に写真が撮れなかったのが申し訳ないですが、ホントにさっぱりしていて朝からでもだべられます。騙されたと思って一度作ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
あむ

あむ

山形県出身。神奈川で8年間働いた後、2012年夏に嫁の地元伊勢市に移住。趣味はアウトドア、キャンプ、寺社巡り(御朱印集め)、バスケ、映画鑑賞。どーでしょうバカ。
※この記事の内容は2014年8月現在の情報です。

folder イベント情報

おかげ横丁で開催の「七夕の節句」は7月1日~7日まで!
いよいよ始まる!伊勢志摩・里海トライアスロンは7月2日!
要チェック!2017年伊勢市近郊の花火スケジュール
more...

folder ライフスタイル

絶景!三県境!瀞峡へ行って見た!DOROKYO!@三重.和歌山.奈良
母の日にお花をあげたい♫奉花園@伊勢
お花見に持っていきたい便利グッズ!
more...

folder オモシロ

#48. 幸せの黄色いオムライス【 Find 100 pieces】
#49. ひみつ基地みたい【 Find 100 pieces】
#50. ばら園を散歩【 Find 100 pieces】
more...