【15emit】伊勢を発信するWEBマガジン(イチゴエミット)|三重県

子育て中の防災対策@助産院エンジェルスマイルモモ

子育て中の防災対策@助産院エンジェルスマイルモモ
calendar

皆さんお久しぶりです。11月に出産し15emitも産休&育休に入っていた水帆です。このたびちょっとずつ復帰することになりました。どうぞよろしくお願いします。

さてさて。先月、お産させていただいた助産院エンジェルスマイルモモさん(以下モモさん)で、子育てママさんたち向けに防災講座が開かれ参加してきました。ちょうど先週も三重県南部を震源地とする地震があったばかり。子どもを持つ前は我が身一つくらいなんとでもなるさ!と軽く考えて、ろくに備えていませんでしたが、今は子どもを守らねばいけない立場。どんなことに心がけ、何を備えたらいいのか、勉強してきたことを、少しご紹介したいと思います。

遊びながら防災訓練を

bosai01

モモさんに行ってみると場内満員!それだけ皆さんの関心が高いことがわかります。参加されていたお母さんたちの子どもは、盛んに動きまわる1~3歳くらいまでが多かったです。

  • 外で遊んでいる時に落雷があったら、高いものから離れて、身体と地面が接する面を最小限にしゃがむ姿勢をとること。
  • 家で地震にあったら、子どもを全身で包みこむようにダンゴムシのポーズをとり、自分の頭を手でしっかり守る姿勢をとること

などを教えてくれました。いざという時は、子どもも親もパニックになってしまうもの。普段から、これらのアクションを遊びながら練習することが大切とのことでした。

講師は子育て応援0・1・2・3サークルのみっちゃん

bosai02

この日、教えてくださったのは、「子育て応援0・1・2・3」という、鳥羽市の子育て中のお母さんたちによる、ボランティアサークルの代表を務める山本道子さん(通称:みっちゃん)。季節に合わせたお菓子作りや、工作・音楽遊びなどのイベントを行ったり、各地で防災教室を開いたりしているそうです。日々目の前の子育てで手一杯のお母さんたちは、いざというときの備えまでなんて、とてもじゃないけど頭がまわりません。子育て教室に通って子どもと遊びながら学べる、こんな機会を作ってくださるのはとてもありがたいですね。

万能防災アイテム!新聞紙とゴミ袋

bosai03

最近は新聞をとらない家も多いですが、古新聞は災害時にとても役立つことを教えてくれました。みんなで新聞を手にとり、あるものを作ってみます。

新聞スリッパ

bosai04

簡単な折り方で、あっという間にスリッパができあがりました。地震の後はガラス片などが散乱していることが多いですし、家屋が半壊したりすると家の中が砂や土まみれになることもあり得ます。そんな時使い捨てできるスリッパは重宝すること間違いなし!
bosai05

新聞を半分のサイズにして作れば子ども用もできちゃいます。

新聞ふとん

bosai06

次はゴミ袋の中にくしゃくしゃにした新聞紙を詰め込みます。これを平らに整えれば、空気の層ができて、あったかい布団が完成!見た目はかっこ悪いですが、災害によって電気やガスが止まり、暖を取ることが難しくなったら、背に腹は代えられません。

ゴミ袋の防寒着

bosai07大きなゴミ袋は、水を汲んで運べることは容易に想像がつきますが、穴をあけると子どもの防寒着になります。大人より体力を奪われやすい子どものために、お母さんの知恵が試されます。あれこれ日頃から、工作遊びのつもりで作ってみるといいかもしれません。

非常時の子どものおやつ

bosai08

そのままではちょっと食べづらかったりする定番の非常食・乾ぱんを、子どもが食べやすいようアレンジ。一つは溶かしたチョコを絡めて。もう一つはカルビーのスナック菓子じゃがりこに少量の水を入れてマッシュポテトのディップのように。ほかには、数年日持ちする缶詰に入ったパン、5年間保存可能なペットボトル入り野菜ジュースを試食しました。どれも美味しくいただけました。災害時はただでさえひもじい思いをしているもの。美味しいってとても大切です。

便利!乾燥おしぼり

bosai09

これは、一円玉を3枚重ねたくらいの厚みに乾燥して固められたおしぼり。少量の水を含ませると、こんなふうに伸びて、広げて使うことができます。避難グッズにコンパクトに収まるし、ウェットティッシュのように経年劣化がほとんどないのでおすすめです。

改めて確認!持ち出し品リスト

bosai10

東日本大震災直後、慌ててリュックに避難グッズを詰め込んだものの、それから一切中身を更新しておらず、押し入れの奥にしまいこんでいた私。これを機に、子どものことも考えて一式揃え直すことにしました。これは、持ち出し品リストの一例。各自が少しずつでも備蓄しておくと、災害時の混乱を最小限に防ぐことができ、助け合うこともできます。

最後に。ご近所さんは大切です

子どもを連れて歩くようになってから、見知らぬ人から笑顔で声をかけられることが多くなりました。こちらもなぜか気軽に挨拶が交わせる心境に(赤ちゃん効果って素晴らしい!)。そういった地域の人との交流が、実は何よりも大切だということ。年度が変わり、生活環境が新しくなった方も多いのでは。改めてご近所づきあいを育んでいきましょうね!

助産院エンジェルスマイルモモ ホームページ
http://angel-smile-momo.com/
月に1回「モモの会」というお母さんの勉強会を開催しています。

子育て応援0・1・2・3 FBページ
https://www.facebook.com/toba0.1.2.3/info/
鳥羽で毎週ママサークルを開催しているそう。お気軽に参加を。

地震ITSUMO.COM
http://www.jishin-itsumo.com/
持ち出し品リストはこちらを参照しています。

*子どもをあやしながらで、メモもとれず、聞きそびれてしまったこともたくさんあったので、皆さんも各自で調べたり、防災教室を開いたりしてみましょう!
The following two tabs change content below.
水帆

水帆

東京都新宿区生まれ。だけど歌舞伎町はスルーして、ラーメンと学生のまち高田馬場で育ちました。2010年から伊勢に移住し、2015年に女児を出産。育児で執筆がままならない日々ですが、伊勢から始まるエトセトラを新鮮な目線でお伝えできたらと思います♪
※この記事の内容は2016年4月現在の情報です。

folder ライフスタイル

絶景!三県境!瀞峡へ行って見た!DOROKYO!@三重.和歌山.奈良
母の日にお花をあげたい♫奉花園@伊勢
お花見に持っていきたい便利グッズ!
#56. サクラサク【find 100 pieces】
100均のお菓子作りキットを試してみた♫
お子さまが喜ぶお弁当のおかずレシピ集めてみました!
【国民の祝日】春分の日ってどんな日?調べてみました。
完走するより当たるのが難しい?!東京マラソンに行ってきました@東京 ~何故、フルマラソンを走るのか。~
15emitライター行きつけのオススメヘアサロンHair London Cafe@黒瀬町
more...

folder オモシロ

河崎町にできた『cafeわっく』『WAC WORKS』に行ってきた!
#48. 幸せの黄色いオムライス【 Find 100 pieces】
#49. ひみつ基地みたい【 Find 100 pieces】
#50. ばら園を散歩【 Find 100 pieces】
#51. 毎日食べたい「さくら」のお好み焼き@二見【find 100 pieces】
#52. 三重県営総合競技場陸上競技場【find 100 pieces】
#53. つつましい幸せ【find 100 pieces】
#54. 乙女椿【find 100 pieces】
#55. 君と好きな人が100年続きますように【find 100 pieces】
more...